中小企業の事業再生・経営改善は企業パートナー110番にお任せください。

0066-9751-4450

受付時間 9:00〜18:00(土日祝定休)

【中小企業向け】当座貸越で資金調達するメリットと注意点を解説します

Overdraft

様々な理由で事業に使っている普通預金口座のお金が一時的になくなってしまうことがあります。これを放置して、引き落とし日が来ると、お金の支払いができず「不渡り」になり一気に倒産の危機に陥ってしまいます。そうした法人経営の陥穽を事前に防止し、いざという時の保険になるのが「当座貸越」(とうざかしこし)という制度です。今回は当座貸越とはどのような制度なのか、法人にとってどのようなメリットがあるのか解説します。

当座貸越とは

当座貸越とは、ある金融機関の設けている普通預金口座の残高が不足している場合、同一金融機関の同一口座内に預けている円定期預金を担保として、不足金額を自動的に借入できる機能です。

みなさんの銀行の法人名義の総合口座通帳には普通預金の部分(前半)と定期預金の部分(後半)があるはずです。後半の定期預金に積み立てがあると、普通預金口座の残高を超えて引き出しや支払いがあった場合、定期預金からオートチャージされるイメージです。

実際には定期預金を普通預金に移動させるオートチャージではなく、定期預金の残高を担保に自動的に普通預金口座に銀行が貸付を行います。

外部決済で普通預金口座の残高が不足する場合だけでなく、設定された当座貸越金額内であれば、融資の手続きをすることなく、お金を(普通預金口座残高を超えて)引き出すことができ、機動的な資金調達を可能にします。

なお、当座貸越が可能な金額は担保である定期預金の金額を超えません。定期預金金額が200万円の場合、300万円を当座貸越で調達することはできないのです。

  • 当座貸越が可能な金額は、定期預金総額の90%ないし金融機関が設定した金額(200万円~500万円のところが多い)
  • 当座貸越は貸付なので、普通預金口座に入金されたお金には利子がかかる
  • 普通預金口座に当座貸越された普通預金口座に入金することで自動的に返済が完了する

当座貸越の利率は0.5%~1.5%くらいでそこまで高くありません。決済に利用し、定期預金も積み立ててくれている法人への金融機関のサービスの一環とみることもできます。

極度額が定期預金の金額の90%で自由に借り入れができるお財布代わりのお手軽融資と言い換えてもいいかもしれません。

いざという時の保険、「サーキットブレーカー」として当座貸越を設定するのはメリットが大きいように思いますが、逆にデメリットもあるのでしょうか?次の項で解説します。

当座貸越のメリット、デメリット

当座貸越のメリットとデメリットを表にまとめました。

当座貸越のメリット

当座貸越のデメリット

必要な金額だけ借入することができる

当座貸越の審査が通りにくい

通常の融資と比較して手続きが比較にならないほど簡単

必要額よりも多めに借りてしまいがちになる

借入ごとに手続きしなくてよい

通常の融資の方が金利は低い傾向にある

いつでも自由に利用できる

 

「疑似資本」として役に立つ

 

当座貸越のメリットははっきりしていて、通常の借入のような手続きをすることなく、自由に設定額まで借入することができ、機動的に資金調達ができます。普通預金口座+当座貸越設定額の自由に使えるお財布を手にしたようなイメージです。

一方、デメリットとしては、金融機関側はよほど信用できる「お得意様」でないと、自由に使える借入枠を与える当座貸越を許可しません。当座貸越を可能にする審査はかなり厳しいものと意識してください。

また、通常の融資の場合「○○という用途に使うので▲▲▲万円の融資を受けたいのですが」と申請をしますが、当座貸越の場合、使途は問われず、極端な話事業以外の一時的な資金需要のために借入を行うこともできます。カードローンのような使い方もできるということです。

金利は通常の借入の方が低めですが、利便性(目的を問わない、個別の審査がない)を考えると当座貸越を設定するのは大きなメリットがあります。別に利用しなければ利息は発生しないわけで、いざという時の保険になるかもしれません。

当座貸越の種類

当座貸越には3つの種類があり、それぞれシステムが異なりますので理解しておきましょう。

    1. 総合当座貸越
    2. 一般当座貸越
    3. 専用口座貸越

<

総合口座貸越

最初に説明した当座貸越の原理そのままの制度です。普通預金口座と定期預金口座が一体化したもので、普通預金の残高を超える資金が必要になった際に(あるいは残高を超える引き落としがあった場合に)、定期預金や公共債権(国債や地方債)の90%などを担保として自動的に融資が実行されます。

その銀行の定期預金や公共債(つまり破綻はしない)を担保にするため、返済不能になるリスクが低く、無審査ないし他の当座貸越と比較して非常に緩い審査になります。

もちろん、返済できない場合は定期預金等が差押えられてしまうので注意してください。

普通口座の残高がなく、当座貸越で借入した場合、通常あまり見られない、残高「-○○○円」という印字がなされます。

一般当座貸越

一般当座貸越とはは、借り手である法人の手形、小切手を振り出した際に、当座預金口座の残高がマイナスになる場合、極度額まで当座預金をマイナスにできる制度です。

例えば以下の状態を考えます。

  • 極度額1000万円の当座貸越契約をしている
  • 500万円の支払手形を発行している
  • 手形決済日に預金口座には300万円しかない

通常、当座貸越がない手形決済日にこの状態だと手形が「不渡り」になり重大な事案になってしまいます。しかし、一般当座貸越契約をしていると、不足している200万円(<極度額1000万円)が自動的に融資を受けることができます。

交通系電子マネーを使っている人が、改札を出るときに金額が不足しているとオートチャージされるのと同じイメージです(オートチャージの場合は3000円とか1万円とか設定額ですが、当座貸越の場合は足りなかった金額が充当されます)。

専用当座貸越

専用当座貸越は、法人に対する融資の極度額(枠)を金融機関が設定し、その範囲内で自由に借りたり返済したりできます。金融機関と当座貸越契約証書を締結する事により、普通預金口座や当座預金口座と別に、独立した当座貸越枠勘定口座を作成します。

その口座内で自由に借入と返済ができるので、うっかり残高が0になった時のオートチャージではなく、カードローンのように自由に借入、返済ができるイメージです。個人向けのカードローンを法人として銀行口座に持つ感じになります。

非常に利便性はいいのですが、使い過ぎには注意が必要ですし、専用当座貸越を認めるための審査は厳しくなります。

このように一言で「当座貸越」と言っても複数の種類があり、審査の難易度なども異なるので注意してください。

当座貸越の種類

当座貸越設定の難しさ

メリット

総合当座貸越

普通口座と定期預金口座等があれば簡単に設定可能

一般当座貸越

★★★

手形や小切手に限定して、不足額をオートチャージ

専用当座貸越

★★★★★

カードローンのように自慰夕に借入できる

当座貸越を利用する場合の注意点

当座貸越を利用するときの注意点について最後にまとめました。

便利なので利用しすぎない

特に専用当座貸越はカードローンのように気軽に便利にお金を借りることができます。ということは、カードローンと同じデメリットもあり、借りすぎて返済できなくなってしまうおそれがあります。

本来、融資(借入)は目的と金額を明確にしてから申し込むものです。それが必要ないこの方法では、法人の事業とは異なる用途でも利用することができます。それがバレた場合、事業と関係ない借入を決算書に事業目的として載せてしまえばアウトです。

便利すぎる借入は、借入をしているという感覚を失わせてしまいます。

「当座貸越を利用する」に設定すると自動的に発動する

当座貸越の設定をした場合、普通口座の残高がマイナスになるなど条件を満たすと、自動的に借入が行われます。

ひょっとすると借入をしなくても、現金を調達して間に合うかもしれません。そうした臨機応変な対応ができず、自動的にサーキットブレーカーのように発動してしまうので注意しましょう。

逆に当座貸越の許可を銀行から得ても、「当座貸越を設定しない」にしていると、普通口座はそのまま引き落としできず不渡りとなります。必要な時に当座貸越ができるよう、設定については気を配り注意してください。

まとめ 資金繰り、資金調達のご相談は「企業パートナー110番」へ

このように当座貸越は、いちいち契約しなくても借入ができ、不渡りを回避するための有効な手段です。しかし、条件があり、金融機関側も信用できない相手には適用を渋ります。

その辺りの条件や機微についてはなかなか法人経営者にはわからないこともあります。会社、法人のリスクヘッジの手段として当座貸越は有効ですので、一度、詳しい専門家のアドバイスを聞くことをおすすめします。

「企業パートナー110番」には当座貸越をはじめとした資金調達の専門家が揃っていますので、自社は当座貸越を設定すべきなのか、そもそも設定できるのかなど初歩からアドバイスさせていただきますので是非ご利用ください。

2019©企業パートナー110番.