中小企業の事業再生・経営改善は企業パートナー110番にお任せください。

0066-9751-4450

受付時間 9:00〜18:00(土日祝定休)

ビジネスローンとは?その資金調達方法

開業時の資金などは創業融資制度などを活用して資金調達をすることが一般的ですが、事業をおこなっていく上で資金不足に陥ることはいつ起きてもおかしくはありません。このように事業者は開業時だけではなく日々の運転資金なども気を付け資金管理をおこなっていかなければいけません。今回は運転資金などが不足している場合に検討したいビジネスローンと呼ばれる資金調達をご紹介していきます。

ビジネスローンとは

ビジネスローンは名前にもあるように事業資金として利用されることを前提にしたビジネス向けのローンとなっており具体的には、日々の運転資金として、設備投資などをおこなう場合の資金として、臨時的な取引先への支払いが発生してしまった場合の早期の資金調達時などが挙げられます。
通常の融資では担保や保証人が必要になってきますが、ビジネスローンの場合は不要となっている場合が多いです。
また事業専用ローンとなっているため運転資金や事業規模の拡大、新たな事業展開の設備投資など様々な用途で使用できることもメリットの1つといえます。

ビジネスローンを活用した資金調達方法

資金調達の方法には証書貸付や手形貸付といった一般的な銀行融資のほかに債権等を第三者に買い取ってもらうファクタリングと呼ばれる方法も存在します。
それぞれにメリットやデメリットがあり自分の事業規模や資金の使用用途に応じて最適な資金調達の方法を選択していかなければいけません。
資金調達をおこなう際に求める条件というのは状況によって変化すると思いますが、運転資金や事業のつなぎの資金などの事業資金不足解決のための資金調達をおこなう場合は早期の資金調達が第一の条件となるのではないでしょうか。この場合に適している資金調達はファクタリングやビジネスローンが挙げられます。

ビジネスローンとファクタリング

証書貸付や手形貸付などの場合はしっかりとした審査がおこなわれる場合があり、そうなってしまうと手元にお金が手に入るまでに時間がかかってしまいます。
ファクタリングやビジネスローンの場合は最短即日融資が可能となっており、少しでも早く資金調達をおこないたい事業者にとっては非常に魅力的ではないでしょうか?
ファクタリングとビジネスローンの融資スピードは五分五分といわれていますが、ビジネスローンを選ぶべき人というのは多額の資金調達をおこないたい事業者です。

ファクタリングは自分の持つ債権以上の資金調達は不可能ですのでこの点が2つの資金調達の方法の大きな差となります。
名前にもあるようにビジネスローンは事業者向けの融資となっているため事業用資金調達という面ではビジネスローンが長けているといえます。

ビジネスローンで比較するポイントは

ビジネスローンを金融商品として展開している会社は数多くありそれぞれの会社ごとに内容は異なります。ここではビジネスローンを利用する上で確認しておきたいポイントを項目別にいくつかご紹介します。

金利

ビジネスローンだけでなく、資金調達をおこなう上で必ず発生する金利ですがこの金利が低ければ低いほど返済総額が低くなるためなるべく金利は低く設定している会社が良いでしょう。
同じ会社でも融資条件によって金利は異なるので条件をしっかりと決めた上で金利を比較しましょう。

融資限度額

事業規模や資金調達をおこなう状況によっては多額の資金が必要になる場合があります。ビジネスローンをおこなっている会社によって融資の最大限度額は異なります。
融資額が大きくなるとその分ローン会社は債権回収不能リスクが大きくなるため金利が大きくなってしまうなどのデメリットが発生してしまいます。
そういった場合にこそ本当に必要な資金額を算定し最低限の資金調達で済むように資金計画をたてなければいけません。

融資スピード

ビジネスローンの一番の魅力ともいえる融資スピードですが、ビジネスローンだからといって必ずしも即日融資であるということはなく、ローン会社によっては1週間以上かかってしまうこともあるため事前にしっかりと確認しておきましょう。

有名なビジネスローン(楽天・ジャパンネット・オリコ等)

楽天

大手クレジットカードの楽天グループもビジネスローンをおこなっています。
大手ということもあり融資可能な最大限度額は約1億円と非常に高額に設定されています。
その反面申し込みの際には決算書等が数期分必要なことや融資スピードも2週間から5週間程となっています。

ジャパンネット

ジャパンネットが提供するビジネスローンにはいくつかの種類があり法人向け、個人事業向け、freee会員専用、ヤフー出店者専用と区分されています。
それぞれ融資可能な最大限度額も異なり、10万円から3,000万円までとなっています。
実際に利用できる融資額は審査結果によって変動するためいくらの融資を受けられるかは実際に審査を受けてみないとわかりません。

オリコ

クレジットカードで有名なオリコもビジネスローンを提供していますがオリコの場合、通常のビジネスローンとクレジット型のビジネスローンとで融資限度額に差があり、通常は1,000万円までですが、クレジット型であれば500万円までとなっております。
融資スピードが非常に早いことで有名であり最短即日融資も可能になっています。
また、金利も他のローン会社に比べて低くなっていることも魅力の1つです。

ビジネスローンで必要な物(担保や決済書などに関して)

ビジネスローンを利用するにあたっていくつかの書類を準備する必要があります。
ビジネスローンは金融機関の融資とは異なるため準備する書類の量は少なくなります。
それぞれのローン会社によって必要な書類に差がありますが、ここでは一般的な必要書類についてご紹介していきます。

本人確認書類

本人確認書類には運転免許証やパスポート、健康保険証、そして最近ではマイナンバーカードを本人確認書類として提示する場合も多いようです。
場合によっては住民票が必要なる場合もあります。

本人の収入を証明する書類

源泉徴収票や所得証明書、確定申告書や課税証明書といった書類が必要になります。
これはビジネスローンを申し込む本人の収入がどれくらいあるのかを審査するためのものになります。

その他の書類

その他の書類としては個人事業主であれば確定申告書の際に提出する青色申告決算書や収支内訳書、法人であれば決算書や決算報告書などが挙げられます。
その他には事業計画書などが必要になる場合があります。

場合によっては審査落ちすることもある

ビジネスローンも申し込めば必ず審査に通る訳ではありません。
通年赤字である場合や書類に不備ばかりある場合、信用度が著しく低い場合などは当然ながら審査に通る可能性は極めて低くなります。
そうならない為にも書類の準備などの基本的なことをはじめ、事業計画や資金計画をいかに内容の濃いものにできるかが大きなポイントになります。
一度審査に落ちたとしても必ず審査に落ちた理由があるはずなので、その原因をしっかり見つけ改善することで次につなげることが可能です。

まとめ

ビジネスローンは現在多くのローン会社が提供しておりニーズに合うローン会社を選ぶことが一番大事になります。融資金額や融資スピード、金利など様々な項目を比較して最適なローン会社のビジネスローンを見つけるようにしましょう。ビジネスローンの一番の魅力である融資スピードを活かす為にも書類の準備や事業計画書、資金計画書の準備などもあらかじめおこなっておくと円滑に融資を受けることができます。

タップして電話をかける

2019©企業パートナー110番.