中小企業の事業再生・経営改善は企業パートナー110番にお任せください。

0066-9751-4450

受付時間 9:00〜18:00(土日祝定休)

「当座貸越」とは?銀行融資について知ろう

事業をおこなう上でよく使用される口座の中に当座預金があります。当座預金は会社や個人が小切手や手形を使用した支払いをする際によく使用されます。当座預金には短期的な資金融資を可能とする「当座貸越契約」という契約形態があり、この当座貸越も銀行融資の一種になりますので資金調達などの知識とし知っておくと万が一の時に備えることができます。

当座貸越とは

銀行などの金融機関にて当座預金を使用して借入をおこなうことを当座貸越といい、その場合には本人と銀行とで「当座貸越契約」という契約を締結します。
当座貸越契約では銀行から借り入れることができる限度額をあらかじめ設定します。そしてこの限度額の範囲内で銀行から融資を受けるという流れになります。

当座預金を使用して行われる借り入れのため、前提条件として当座預金が開設していることが最低条件となります。
当座預金はいくつかの特徴があり普通預金と異なり預金残高に対する利息がつかないことなどが挙げられますが、万が一金融機関などが経営破綻した場合に当座預金に残っている残高はすべて保護されるなど利用者から見たメリットもあります。そのメリットの1つに当座貸越ができることなどが挙げられますが当座貸越にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

「当座貸越」のメリット

手続きが簡単でスピード融資が可能

資金調達をするにあたり銀行からの融資や会社や個人から直接融資など受ける場合がほとんどですが、特に銀行などの金融機関などから融資を受ける場合にはそれなり手続きや審査などが必要なります。
当座貸越契約の場合はこの融資の申し込み手続きなどが非常に簡単になっており銀行の窓口で専用の用紙に必要事項を記入、捺印して提出するだけです。手続きの手間はもちろん融資を受けるまでのスピードが速いことが一番の特徴でありメリットでもあります。

最低限の融資で済ませることができる

当座貸越契約を締結する時点で融資限度額を設定するため、あくまでも設定した限度額内で融資を受けることになります。この限度額の範囲内であれば融資を受ける金額を自由に決めることができることや好きなタイミングで融資を受けることができることは、融資を受ける個人や会社にとっては返済リスクが低くなるため有効な融資であるといえます。また、融資を受けた資金の返済についても自分の好きなタイミングで行うことができるため資金繰りの面でもメリットが大きいといえます。

返済後でも期間内であれば何度も融資を受けることができる

当座貸越契約において定めた契約期間内であれば、当初融資を受けた金額をすべて返済した場合でも繰り返し融資を受けることができます。当座貸越契約はあくまでも融資をおこなう金額の上限額と融資期間を定めているだけにすぎないので、完済したとしても契約自体が消滅する訳ではありません。これにより再度融資を受ける場合においても融資手続きや審査などの面倒な手間を省略することができます。

資本金に近い性質がある

当座貸越契約においては融資を受ける期間を決め、その契約期間が終わる時には既に借りている資金をすべて返済しなければなりません。

しかし、事業の業績や信用性において評価してもらえれば当座貸越契約を更新することができます。
そうなった場合にはたとえ初めの契約期間が満了になったとしても借入金は返済する必要はなく、利息分だけを支払うことになります。
そのため場合によっては長期に渡って資金を確保することができるため資本金に近い性質という意味で「疑似資本」と呼ばれることがあります。

「当座貸越」のデメリット

金利が高い

いずれの場合もそうですが融資を受ける際に審査が簡単である場合や即日融資などの場合は何かしらのリターンがあります。当座貸越の場合の一番のリターンとなるものは金利です。銀行などの金融機関も融資というのはある程度リスクを伴う手続きとなりますので融資を受ける人にとってメリットだらけの融資というものは存在しないといえます。

当座貸越の場合は上記にあるようなメリットを実現するために金利を高く設定することで融資をする側と受ける側のバランスをとっているということになります。
特に当座貸越の場合は通常の融資のように資金がどこに使用されているかを銀行側が把握できないこともあり、未回収となるリスクを考慮して通常よりも高い金利設定となっていることが多いです。この金利をもって資金を回収しようとする銀行側の狙いもあるのが現実です。

当座貸越契約は必ず更新されるとは限らない

当座貸越契約の一般的な契約期間は3年未満であることが多いです。契約期間満了間近になると当座貸越契約の更新に伴う審査が銀行側で行われますが、この契約更新は必ずおこなわれるものではありません。万が一当座貸越契約が更新されなければその時点で借り入れている資金をまとめて返済する必要がでてきます。
これは何を意味するのかというと、借り入れている資金をいつでも返済できるように準備しておく必要があるということになります。
当座貸越契約時に定めた限度額内であればいくらでも簡単に借り入れることができますが、あくまでもいつかは返済しなければいけないお金ですので必要最低限に抑えておくことで万が一の場合のリスク回避に繫げることができます。

しかし、当座貸越契約満了に伴い一括での返済が必要となった場合には借り換えや分割での返済などそれぞれの状況に応じて対応してくれることが多いです。

「当座貸越」の場合の注意点

当座貸越をおこなう場合は当初であればしっかりとした資金の使い道を決め、事業計画に沿った資金管理をおこなっていきます。

しかし、時間が経つにつれて当初の事業計画には無かった支出などが起こりうるのがビジネスです。

そうなった場合に当座貸越契約の限度枠内であるという安心感から本来必要のない分の資金まで借り入れてしまうこともあります。通常の銀行融資である証書貸付などの場合は事業計画に必要な分の資金しか借り入れることができませんが、当座貸越契約の場合は目的をはっきりさせずに自由に資金調達できるため、知らず知らずのうちに借入金が膨らんでいってしまうことが多いのです。
上記にもあるように当座貸越の場合は金利が高く設定されていることが一般的ですので、本来経営を安定化させるために一時的に借りたお金が、いつの間にか逆に事業を圧迫するような事態を招きかねません。
そうならない為にもしっかりとした事業計画と資金管理、そしてその支出が本当に必要なものかどうかを見極める力が必要不可欠であるといえます。

まとめ

当座貸越の場合はしっかりとした事業計画や資金管理ができていれば活用しない手はない非常に便利なシステムです。

もちろん一番初めの審査に通ることができることが大前提ですが一度契約することができれば、よほどのことがない限りは契約は更新されていきます。契約が更新されれば継続的に安定した資金を回すことができます。
特に事業を起こしたばかりの事業主や企業の場合はいつどのような支出が発生するかわかりません。そのような場合にこそ当座貸越は力を発揮する非常に便利な資金調達の方法だといえます。

また、金利が高いなどのデメリットもありますが、そのデメリットを打ち消すほどのメリットもたくんさんあるということも覚えておくとよいでしょう。

タップして電話をかける

2019©企業パートナー110番.